『プロフェッショナル100人の流儀』

『プロフェッショナル100人の流儀』
(藤尾秀昭・監修)

本日は、社会教育家として活躍されている
田中真澄氏が語られた商売成功の極意を
ご紹介いたします。

………………………………………………………………………………
田中真澄(社会教育家)
………………………………………………………………………………

商売というのは
簡単なんだよ。

太陽のように
生きればいいんだ

………………………………………………………………………………

父は元軍人で私たち一家は
戦後、いまの韓国・釜山から日本に引き揚げてきました。
ところが、日本が独立するまでの六年半、
父はパージによって公職に就くことができず、
過酷な行商で家族の生活を支えたのです。

日本国内が食べるものに事欠いていた頃までは、
行商でもなんとか食いつないでいけましたが、
物が豊かになるにつれて厳しさは増していきました。

それでも父は決して行商をやめようとせず、
朝早くから夜遅くまで人の二倍、三倍、
汗水流して黙々と働きました。

私はそういう父の後ろ姿をとおして
「人間は命懸けで打ち込めば生きられるのだ」と教えられたのです。

父は軍人だっただけに商売には全く不慣れでしたが、
ある人からこう教わったそうです。

「田中さん、商売というのは簡単なんだよ。
太陽のように生きればいいんだ。

太陽は二つのものを人に与えてくれる。

一つは熱。
熱意を持って人に接すれば、その熱は自然と相手に伝わる。

もう一つは光。
光を与えて相手を照らし、関心を持って
その人の存在を認めてあげることが大事なんだ」

父は生前、

「俺は商いのことは何も知らないが、
この二つだけは心の支えにしてきた」

と私に話していました。

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)