怠ってはならぬこと・怠けてもいいこと

自分の人生を美しくするために、
仕事のために、友人のために、世の中のために
できるだけ気をつけよう、役に立とう、
まめにつくそうと心身を働かすことが
敏の本義である。

ひらたくいえば、
いつも怠(おこたり)りをしないで
いつもきびきびしている。

その代わり世間のくだらんことには
ずいぶんと怠(なま)けてもよろしい。

──安岡正篤

◆人生を変える言葉に出逢える一冊
『ポケット修養訓』(藤尾秀昭・著)より

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)