吉田松陰が正月、妹に送った言葉

正月にはいづくにも
つまらぬ遊事(あそびごと)をするものに
候間(そうろうあいだ)、
夫(そ)れよりは何か心得になるほんなりとも
読んでもらひ候(そうら)へ

(妹千代あて書翰)

【訳】

(お正月にはどこでもつまらない遊びをするものである。
そんなことより何かためになる本でも読んでもらいなさい)

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)