偉人たちの一日一言

「日本人は貧しい。しかし高貴だ」

こう述べたのは、大正10(1921)年から
昭和2(1927)年まで駐日フランス大使を務め、
詩人としても有名なポール・クローデルです。

クローデルの言葉は、以下のように続きます。

「世界でただ一つ、どうしても生き残ってほしい
民族を挙げるとしたら、それは日本人だ」

世界から賞賛された“美しい生き方”、
そしてそのベースとなる心の豊かさこそが、
私たちがご先祖様から受け継いだ
最大の財産なのかもしれませんね。

『子どもの心に光を灯す日本の偉人の物語』
(白駒妃登美・著)より

 

今日の名言

「人生とは織物のようなもの。
いいかげんにトン、トン、と織っていたら
いいかげんな織物ができる。
だから一つひとつ真心を込めて
織らなきゃいけない」

── 志村ふくみ(人間国宝・染織作家)

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)