偉人たちの一日一言

昨日はどんなに呼んでも、
再び帰っては来ない。

現在を明るく迎え、必死の努力をつづける以外に、
過去の暗さを消す道はない。

明日はすぐ来る。
来年もすぐ来る。
油断してはいられない。
ぼんやりしていてはまたつまずく。

心を常に明るく生き生きと保つこと、
過去にとらわれず、将来を空費せず、
現在をはりきって堂々と働き抜くことである。

『常岡一郎一日一言』(常岡一郎・著)

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)