「一人の時間」をどう過ごすか

幕末の儒者、佐藤一斎(いっさい)の言葉。

「一燈を提(さ)げて暗夜を行く。
暗夜を憂うることなかれ。
ただ一燈を頼め」

人生行路は暗夜を行くようなものだが、
一燈があれば転んだり道を踏み外したりすることはない、
と一斎は教えている。

では、一燈とは何か。

古今東西の先哲が残した、
生きていく上での範となる人生心得こそ、
その一燈になるのではないだろうか。

清代末、13年に及ぶ太平天国の乱を平定した
哲人政治家、曾国藩(そうこくはん)が
自分の息子に、お前の態度は浮ついている、
その欠点を正すには早起き・有恒(ゆうこう)・重厚に留意せよ、
と教えている。

この三つの中でも特筆すべきは有恒だろう。

恒(つね)有り。
ムラッ気がなく一貫している、ということである。
恒のない者が大成することはない。

また、曾国藩は息子にこうも教えている。

「父はお前が大官になることは願わない。
読書明理の君子になってほしい。

勤倹自ら持し、労苦に習い、
順境にも逆境にも変わりなく処していくのが君子である」

現代にも通じる心得であろう。

経団連会長を務め、国鉄民営化に
大きな役割を果たした土光敏夫氏は、
ビジネスマンにこういう言葉を残している。

「会社で8時間懸命に働くのは当たり前。
当たり前でないのは会社が終わってからの時間をどうするかだ」

パブソンという人が過去100年に
世界の実業界で活躍した人たちを調べて、
同様のことを言っている。

「彼らが成功した要因は、
彼らが例外なしに会社が終わってからの時間が
大切だと思っていた点に求められる」

1人の時間をどう使うか。
それが運命を決めるということである。

「1人の時間をどう使うか。それが運命を決める」

藤尾秀昭(月刊『致知』編集長)

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)