心の支え

『心の支え』

うまくいっているときは、
周りに人がたくさん集まる。

だが、一番大切なのは、
どん底のとき、
誰がそばにいてくれたかや

- 野村克也さん -

自分が支えていると
思っているものに
所詮は支えられている

- 恩田陸さん -

人は目に見えないものに
心の支えを見つけた時、
たった一人でも立っていられる

- 河瀬直美さん -

人の弱さが
人を優しくさせ、愛を生む。

苦しみの中で出す答えは、
生きて行く上で大きな支えになる

- 堂本剛さん -

「強さ」とは、
自分ひとりだけで強くあれ、
という事は意味しない。

他の人々と共にあり、
その支えによって
自分が強くなる
そういう強さもある

- エド・フォサム -

特別な才能を持って
成功した人よりも、
努力と継続力と誠意や感謝、
恩返しをした人の方が
多く成功している

- ゲッターズ飯田さん -

支えに感謝すると、
支える力がさらに強くなる。

■ 支えてくれる人のありがたさに気づけない理由

あなたは今、多くの支えによって生きています。

支えられているときは、特に変化がないため、その感謝に気づきにくい傾向があります。

支えとは安定です。

変化があれば感謝もしやすいのですが、支えは、変化がなくて正常です。

空気のように感じにくいため、存在の貴さに気づきにくいのです。

■ つねに感謝が足りないと考える!

しかし、今の自分がいるのは、紛れもなく支えがあるおかげです。

いま一度、支えてくれている存在に感謝することです。

家族、恩師、友達、知人。

上司、部下、同僚、取引先などです。

「自分はまだ感謝が足りない」と考えることです。

■ 感謝する人は人生が安定する!

「いつもお世話になっています」という一言を口癖にしましょう。

「いつもお世話になっています」は、言いすぎることはありません。

会うたびに、笑顔で言ってほしい。

言い忘れて、相手にがっかりされることはありますが、言いすぎることはありません。

支えてくれている存在に感謝すると、相手はもっと喜んでくれるでしょう。

その結果、人間関係が太くなり、支えがもっと強くなるのです。

感謝をする人は、必ず生き方が安定します。

出典:HappyLifeStyle

平凡な日常の豊かさに気づく30の言葉

[`evernote` not found]