18歳の回天特攻隊員の遺書

【18歳の回天特攻隊員の遺書】

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

お母さん、
私は後3時間で祖国のために散っていきます。

胸は日本晴れ。

本当ですよお母さん。少しも怖くない。

しかしね、
時間があったので考えてみましたら、
少し寂しくなってきました。

それは、今日私が戦死した通知が届く。

お父さんは男だから
わかっていただけると思います。

が、お母さん。
お母さんは女だから、優しいから、
涙が出るのでありませんか。

弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって
寂しく思うでしょうね。

お母さん。

こんなことを考えてみましたら、
私も人の子。やはり寂しい。

しかしお母さん。

考えて見てください。
今日私が特攻隊で行かなければ
どうなると思いますか。

戦争はこの日本本土まで迫って、

この世の中で一番好きだった
母さんが死なれるから
私が行くのですよ。

母さん。

今日私が特攻隊で行かなければ、
年をとられたお父さんまで、
銃をとるようになりますよ。

だからね。お母さん。

今日私が戦死したからといって
どうか涙だけは耐えてくださいね。

でもやっぱりだめだろうな。
お母さんは優しい人だったから。

お母さん、
私はどんな敵だって怖くはありません。

私が一番怖いのは、母さんの涙です。

———————————————————–
回天特攻隊
敗戦濃厚の太平洋戦争末期、国、また愛する人々を守るために出撃して、その尊い命を散らせていった。
人間魚雷回天、前方部分につめられた爆薬は、それまでの魚雷の3倍に相当し、空母を沈められるとされた。操縦席には自爆装置がついていた。気を失って前傾姿勢になれば、爆発する仕組みになっていたのである。たとえ命中しなくても、二度と戻ってはこられない兵器だった。
———————————————————-

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

18歳といえば、高校生を卒業する年。
そんな若者が、
戻ってこられないとわかっている
兵器に乗って、
敵に向かっていかなければいけなかった。

そして、
そんな状況になっても、
お母さんのことを想う青年。
でも、きっと、一人になった時、
大きな恐怖に襲われて泣いていたことでしょう。

数十年前、
こんな若者たちが
たくさんいたことを忘れないで欲しい。

こんな過ちを二度と繰り返してはいけない。

[`evernote` not found]