道徳「好かれるには」

道徳「好かれるには」

青年「先生、人に好かれる為には何を心掛ければ良いですか。」

心斎「人に好かれたという気持ちは誰もが持つね。」

青年「はい、多くの人に好かれたいと思います。」

心斎「それなら好かれるより嫌われないことを実践することだよ。」

青年「嫌われないことですか。」

心斎「そうだよ、無理して好かれるより人に嫌われないことが大事」

青年「嫌われないようにする、あまり考えていません。」

心斎「多くの人は好かれたいと思う気持ちが先になる。」

青年「はい、人の為に役立とうと心掛けています。」

心斎「それも大事だが、まず嫌われない心を持つことだよ。」

青年「では、どうすれば良いのですか。」

心斎「まず、人の悪口を言わない。人を誹謗中傷しない、嘘をつかない。」

青年「はい。」

心斎「余計な言動を慎む、人を妬まない、人を僻まない、人を蔑ろにしない。」

青年「たまにあります。」

心斎「威張らない、足を引っ張らない、自慢し過ぎない。」

青年「わぁ、普段の私みたいです・・・・・反省します」

心斎「これを謙虚に実践すれば嫌われることはない。」

青年「はい。」

心斎「嫌われないことは心の修養だよ。」

 

[`evernote` not found]