過去を手放して心の傷を癒す

【 過去を手放して心の傷を癒す 】

どんな悲しみや苦しみも

必ず歳月が癒してくれます。

そのことを京都では

『日にち薬(ひにちぐすり)』

と呼びます。

時間こそが

心の傷の妙薬なのです。

- 瀬戸内寂聴 -

(2)

苦しい時もある。

夜眠れぬこともあるだろう。

どうしても壁がつき破れなくて、

俺はダメな人間だと劣等感に

さいなまれるかもしれない。

私自身、その繰り返しだった。

― 本田宗一郎 ―

(3)

あなたは、

あなたであればいい。

― マザー・テレサ ―

(4)

自分にもっとやさしくなってもいいのよ。

― アドリエンヌ・リッチ ―

(5)

せめて自分ぐらい

自分を褒めて認めてあげないと

自分が救われない。

自分の味方になれるのは自分だけ。

― 美輪明宏 ―

(6)

人生で最高のもの、

最も美しいものは目に見えず、

触ることもできません。

それは心で感じるものなのです。

世の中はつらいことでいっぱいですが、

それに打ち勝つことも満ち溢れています。

― ヘレン・ケラー ―

(7)

悩みはあって当たり前。

それは生きている証であり、

常に反省している証拠でもある。

― 松下幸之助 ―

癒されたいと思うなら、
誰かを癒す。
その行為が、癒しになる。

■ 誰かを癒すことで自分も癒される!

「癒されたい」と思うなら、誰かを癒すことです。あなたの身近で、人生に悲観している人がいれば、ぜひ励ましてあげてください。自分も悲観して、それどころではないと思うかもしれませんが、できるかぎりの言葉をかけましょう。

自分の失敗談を紹介するのもいいでしょう。相手の長所を見つけて励ますのもいいでしょう。話を聞くだけでもかまいません。あらゆる方法を使って、癒してあげましょう。すると、結果として自分が癒されます。

■ あなたの過去のすべての経験が役に立つ!

誰かを癒そうとする一連の行為が、癒しになるからです。「自分の失敗談が役立った」という喜びが実感できるでしょう。「自分の言葉は効果があった」という現実に嬉しくなるでしょう。

「自分の存在が生かされた」という実感が得られ、わくわくするでしょう。あなたの言葉に触発されて、相手が元気になるころには、あなたも元気になっているはずです。

出典:HappylifeStyle

人生の正しい生き方に気づく30の言葉

[`evernote` not found]