誕生日祝いは感謝祭

【誕生祝いは感謝祭】

小林正観さんの心に響く言葉より…

「誕生日おめでとう」と言われて、「別におめでたくもない」とか「またひとつ年をとっただけでうれしくない」とか、そのように思う方もいるかもしれません。

でも、誕生祝いの本当の意味を知ったら、感じ方が変わってくるのではないでしょうか。

誕生祝いのほんとうの意味とは、「あなたがこの世に生まれてくれて、ありがとう」ということです。

「あなたがいてくれたおかげで、どれほど幸せで、楽しく、豊かな時間を過ごすことができたかわからない。この時代に共に生きていてくれて、ありがとう」ということです。

つまり、誕生祝いは“感謝祭”。

それを知ったら、いくら照れがあったとしても「別にうれしくない」とか「誕生日なんて祝ってもらわなくてもいい」などとは思わなくなるでしょう。

「あなたがこの世に生まれてくれて、ありがとう」と言われて、うれしくない人などいないでしょうから。

誕生日にはもうひとつの側面があって、それは母親が命をかけて産んでくれたこと、そのことに対して感謝をする日でもあります。

誕生日は年に一度ですが、「生まれてくれて、ありがとう」と365日毎日言われたら、どんなに幸せでしょう。

「誕生祝」の何気ないひと言は、生き方について考えさせてくれる深い言葉なのかもしれません。

《あなたがこの世に生まれてくれてありがとう。》

『宇宙を解説 百言葉』イースト・プレス

人として、最も悲しいことは、自分の存在を無視されたときであり、存在を認めてくれなかったとき。

「おまえなんかいらないよ」「死んじまえ」「出ていけ」「二度と会いたくない」等々の存在を無視する言葉や、「目を合わせない」「挨拶しない」とか、「なぐる」「叩く」等の動作や行為。

反対に、自分の存在を認められた時ほどうれしいことはない。

その究極の言葉が、「 あなたがこの世に生まれてくれて、ありがとう」。

「またひとつ年をとっただけでうれしくともなんともない」などと年配の人がシニカルに言うことがある。

皮肉っぽく、あざ笑うような態度をシニカルというが、これは不機嫌と同義語。

不機嫌は伝染(でんせん)する。

だれかに何かをもらったら、どんなものでも「ありがとう」とニコニコして受け取るのが真に成熟した大人。

「不機嫌は最大の罪」という言葉があるが、逆に、機嫌のいい人は、まわりを幸せにする。

誕生祝をしてくれたら、上機嫌で「ありがとう」とその感謝の気持ちを受け取る。

「いくつになっても誕生祝いはうれしい」という人には限りない魅力がある。

 

[`evernote` not found]