親切の輪

★親切の輪★

北海道新聞の切り抜きに
ある中年男性の投書がありました

終電車の発車間際に切符なしで飛び乗り
車掌さんが回ってきた時に、切符を買おうと
財布を出そうとしたが、財布がなかった
小銭入れもない
どこかで落としたのだろうか

途方にくれたけれども
そのことを正直に車掌さんに言いました
「すみません
明日、必ず営業所まで行きますから
今日は乗せてください」

ところが
この車掌さん
よほど虫の居所が悪かったのかどうか
許してくれない
次の駅で降りろ、と言うのです

次の駅で降りても家に帰る手段はない
ホームで寝るにしては
北海道の夜は寒すぎる
どうしようもなくて困っていたら
横に座っていた
同じ年格好の中年の男性が
回数券をくれたんです

お礼をしたいからと言って
その男性に名前や住所をたずねたけど
ニコニコ手を振って教えてくれない
最後は借りたことを忘れて
なぜ教えてくれないのかと文句を言ったら
次のような話をしてくれたんです

「実は私もあなたと同じ目にあって
そばにいた
女子高校生にお金を出してもらったんです
その子の名前を何とか聞きだそうとしたけど
教えてくれない

★おじさん
それは私のお小遣いだから返してくれなくて結構です
それより
今おじさんがお礼だといって私に返したら
私とおじさんだけの
親切のやり取りになってしまいます

もし
私に返す気持があったら
同じように困った人を見かけたら
その人を助けてあげてください
そしたら
私の一つの親切が
ずっと輪になって北海道中に広がります
そうするのが
私は一番うれしいんです!!

そうするようにって私
父や母にいつも言われてるんです★
と私に話してくれました。」

出典元:(心ゆたかに生きる 西日本新聞)

[`evernote` not found]