自分と向き合って幸せになる30の言葉

【自分と向き合って幸せになる30の言葉】
 
 
(1)
 
健全な精神を保つためには、
穏やかになる練習が必要。
 
 
(2)
 
他人への迷惑を
考えてから行動すれば、
ぶつかることはなくなる。
 
 
(3)
 
10年後という未来から考えると、
すべてが感謝に変わる。
 
 
(4)
 
お互いのためになる
行動をすればいい。
 
 
 
(5)
 
輝く人とは、
好きなことをしている人
 
 
(6)
 
服が汚れたくらいで、
大騒ぎをしない。
 
 
(7)
 
同じ精神レベルの
人同士が、ぶつかる。
 
 
(8)
 
精神レベルを上げて、
ぶつからない人になろう。
 
 
(9)
 
そもそも自分のものなんて、
この世に1つもない。
 
 
(10)
 
1人の時間を作らないと、
自分のことを振り返られない。
 
 
(11)
 
善人より、
悪人のほうが救いやすい。
 
 
(12)
 
冗談の1つでも言えば、
人間関係が柔らかくなる。
 
 
(13)
 
相手にしてもらいたい態度を、
まず自分が先にする。
 
 
(14)
 
トラブルは、
あなたの耐震性を
チェックするテスト。
 
 
(15)
 
体験談ほど、
有益な話はない。
 
 
(16)
 
心の安定には、お金が必要。
 
 
(17)
 
手紙を書くと、
心がきれいになる。
 
 
(18)
 
心のごみは、
あるから出てくる。
 
出せば消える。
 
 
(19)
 
プラスの言葉を使う。
 
マイナスの言葉は使わない。
 
 
(20)
 
「何を聞くか、
 
 何を目にするか」
  
 に気を配ろう。
 
 
(21)
 
考え方をシンプルに
すればするほど、
ネタがたくさん出る。
 
 
(22)
 
身近な人ほど、
近すぎるがゆえに見えなくなり、
感謝を忘れがちになる。
 
 
(23)
 
最年少の自慢より、
最高齢の自慢をしよう。
 
 
(24)
 
自分探しは、
今いる場所で見つける。
 
 
(25)
 
かっとなって
手をあげる前に、深呼吸をしよう。
 
 
(26)
 
究極の褒め言葉は「拍手」。
 
 
(27)
 
1人になる時間で、
自問自答の時間を作ろう。
 
 
(28)
 
他人にした行為は、
すべて自分に戻ってくる。
 
 
(29)
 
充実した日々を送るためには、
まず全力を尽くすこと。
 
 
(30)
 
心の軸を持たないと、
安定した心は保てない。
 
「生き方」「信念」「夢」の3つの軸を持つ。
 
 
 
出典:心の健康を保つ30の方法
 
「HappyLifeStyle」
https://happylifestyle.com/5136
 
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる素晴しいサイトです。
 
 
自分らしく生きていくためにも、自分と向き合う必要があります。その中でダメな自分、まず情けない自分、カッコ悪い自分をしつかり受け入れなければなりません。
 
 
しかし、そうした素の自分を表にだすのに抵抗を感じる方が少なくありません。ですので、出来る自分、輝く自分になるためにも、こうした自分にとっての弱点を受け入れましょう。
 
 
しっかり受け入れた時点で、それがあなたにとっての本当の魅力となって輝き出します。そうすれば嫌でも新しい出会いが活発化してくれるますから。
 
 
ということで今回のまとめで特に心に響いたのは以下の言葉です。
 
 
(12)冗談の1つでも言えば、人間関係が柔らかくなる。
 
 
(19)プラスの言葉を使う。マイナスの言葉は使わない。
 
 
(22)身近な人ほど、近すぎるがゆえに見えなくなり、感謝を忘れがちになる。
 
 
 
ここ最近冗談の大切さを痛感する場面に遭遇する機会がこのところ多いです。職場などでギスギスした空気を和らげる効果もありますから本当の大切だと思います。
 
 
また、自分ではプラスの言葉を使っているつもりでも結構マイナスの言葉を使ってるので気を付けたいと思います。そして最後の身近な人への感謝は絶対に忘れたくないですね。
 
 
 
http://beautyhealthdiet.sblo.jp/article/170634744.html

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)