腹が立っても敬語。どうぞお忘れなく。美輪明宏の言葉

【腹が立っても敬語。どうぞお忘れなく。美輪明宏の言葉】

(1)

昔から「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、頑張るレベルの人間には、同じくしっかりしたレベルの相手と自然に一緒になれますが、努力もしない人間に良い相手が来ることは絶対にありません。

(2)

最近はやたらと転職を繰り返す若者が増えていますが、“貴方の為に用意された仕事”などこの世にはありません。

ただ文句をいうのではなく、与えられた仕事の中で何か得になる部分を見つけ身につけ楽しむよう頑張れるかです。

職や職場を変えたところで思考次第は何も変わりません。

辛く厳しい環境の中でも、何か発想の転換と努力で楽しみを見つけて踏ん張ることで意外な未来が切り開け、それが自信につながります。

(3)

人間関係は腹六分、恋人同士でも家族であっても適度な距離は必要です。

仕事場でも家庭内でも相手の人格、尊厳を人間として守ることが付き合っていくコツです。

心の修行の一環として「家庭内でも相手を別な人だと思う」ことを実践してください。

そうすると、“感謝”の気持ちも湧いてきます。

(4)

自分が弱いと嘆く人や、ついついマイナス思考に陥ってしまう方、それは貴方が真面目な人だという素晴らしい証拠です。

真面目で几帳面で責任感が強い、だからこそ自分を責め、落ち込むのです。

仕事なり対人関係なり、悩みの原因の問題に対して人生の新入生だから、経験値が浅く少ないだけです。

ただ、それだけのこと。 嘆く必要などさらさらありませんよ。

(5)

恋が成就しないことは良くあることです。

しかし、最初から無理だとわかっている高根の花を採ろうとして落ちて転んで大ケガして泣きわめき怒り絶望している人、これはどうかしています。

「君子危うきに近寄らず」と申します。だから実らないものを好きにならない、これも恋愛のテクニックです。

結果はいい事なんて一つもないに決まっているんですから。

(6)

本当のナルシストとは、“自分には厳しく、他人に優しい、尊敬すべき人間である自分が大好き、そのために努力を惜しまない人”であって、恥と誇りと優しさを兼ね備えた“人間力”ある人のことを言います。

あなたも素敵なナルシストになってみてはいかが?

(7)

誰に対しても敬語、腹が立っても敬語。
どうぞお忘れなく。
(8)

前向きに生きていくために最も大事なことは、愚痴や悪口のようなマイナスの思いや言葉は発しないことです。思念や言葉は本当に凄い力をもっています。
いつも美しい言葉遣いで、元気で前向きなことを思い言っていれば陽のエネルギーが現象となり自分を取り巻き元気になります。

ですから、辛かったり苦しかったりでどうしても口から愚痴や悪口を言ってしまいそうな時は、カラオケで思いっきり大声で怒鳴ってわめいて唄ってください。そのうちバカバカしくて自分で笑っちゃって落ち着きますよ。

(9)

悩みは理性的に解決する習慣をつけることが、人生航路の第一歩。
どんな悩みでも、感情的にならず冷たく理性的に静かに”悩んでいること”を理論的に分析する。その事件の原因・結果・状況はどうで、どんな解決策があるのかあらゆる方法を考える。そして具体的に悩みを解決する方法を優先順位で行動する。

どんな悩みでも時を得れば何か必ず解決の糸口、突破口はあります。問題は解決します。

(10)

経験が豊かで思いやりがある人ほど、感じ良くきちんと「ありがとう」を言えます。
逆に、まともに「ありがとう」が言えない人は、感謝することをせず、頭を下げると自分の価値まで下げてしまうと勘違いしているごう慢でバカな連中です。

▼▼▼つづきはコチラ▼▼▼

腹が立っても敬語。どうぞお忘れなく。美輪明宏の言葉

[`evernote` not found]