第二の自分

『 第二の自分 』

釈尊はいう。
「どのような友をつくろうと、
やがて人はその友のような人になる。
悪い友と交わるな。
卑しい人と交わるな。
善い人と交われ。
尊い人と交われ。」

人は失意と不遇の中にある時、
どんな人と交わるかで、
その人の人格や運が見えてくる。
友はその人の心のレベルに
呼応(こおう)して変わってくる。
人は同じ目つきの仲間と
同じ服装の友と、輪をつくる。

まず、心を澄ませ、
尊敬する人をつくるといい。
三人、尊敬する人を持つと、
いつしか、自分も尊敬される
側に立っているだろう。
だから、人に尊敬を求めなくていい。

ひたすら、快におぼれず、
怒りなく、人のよろこびを
祝ってあげられる人となれ。
人にやさしくあれ。
老人にやさしくあれ。
弱い人を助けよ。
怒りのまま人生を送るなかれ…。

アリストテレスはいう。
「友人は第二の自分である」

今つき合っている友を、
少し離れて眺めてみるがいい。
その姿が、あなたなのです。

善き人からは、
善きエネルギーがもらえ、
悪しき友からは、
悪しきエネルギーをもらい人を害し、
自分の魂を傷つけ、
やがて自分のしたことに
自分で苦しむようになってゆく。

心して、善き友を選べ、
善き友がいない時は独りで、
本を読み、善き友と
善き年上の人と語り、
善意の輪の中に入ってゆくがいい、
きっとオーラが澄んでくる。

出典元 : ブッダのことば「百言百話」

[`evernote` not found]