田中角栄の人心掌握術

【田中角栄の人心掌握術】

『恨みは水に流せ、恩は石に刻め』と言います。

自分が苦しい時、困った時に、
手を伸ばしてくれた人ほど
ありがたい存在はありません。

その恩義は、絶対に忘れてはいけないから、
心の中の石に刻み込みたいものです。

ですが、「借りたものを返すぞ」
とばかりの態度を取れば、相手は困惑します。

田中角栄は、そこのところをこう指摘しています。

人はソロバン勘定で物事を考える人間から離れていく。

恩を忘れないことは、絶対に大切なことだ。

だが、その●●●こそ、人間の真価が問われるところだ。

さて、角さんは何が真価の問われるところだと
考えたのでしょうか。

「人から受けた恩を忘れてはならない。
必ず恩返しをしろ。
ただ、これみよがしに、
『お礼に参上した』とやってはいけない。
相手が困った時、遠くから、
慎み深く返してやるんだ」

人間の真価が問われるのは、
受けた恩義の返し方にこそある、
と角さんは言いました。

僕ら凡人は「返す時」に
「お礼に参上した」とまではいかなくとも、
つい「はい返したよ」と自分の足跡を残しがちです。

そうではなく、さりげなく、
気づかれないようにお返しする、
そのことが自分の徳を高めることになるのでしょうね。

※『 思わず涙する感動秘話』より

[`evernote` not found]