生き方が姿形になって出る!

生き方が姿形になって出る!
執着が後悔する自分をつくりだす!?
執着しない、後悔しない、
自分らしい生き方とは?

性格は顔に出る

生活は体型に出る

本音は仕草に出る

感情は声に出る

センスは服に出る

美意識は爪に出る

清潔感は髪に出る

落ち着きのなさは足に出る

- 作者不詳 -

後悔する癖がついていると、
何をやっても後悔する。

■ 後悔する癖が次の後悔することを引き寄せる!

後悔は、必ずしも、過去に問題があるとは限りません。過去ではなく、心に悪い癖があると、後悔することがあります。「後悔する癖」です。後悔する癖がついていると、何をやっても、後悔します。勉強をする人は「もっと遊んでおくべきだった」と言うでしょう。

勉強をしなければ「もっと勉強しておくべきだった」と言うでしょう。恋愛をすれば「恋愛なんてしなければよかった」と悔やむことでしょう。恋愛をしなければ「恋愛すればよかった」と不機嫌になるでしょう。

■ 後悔しない癖を習慣にしよう!

出来事に問題があるのではなく、心に問題があります。後悔する癖をやめることです。人と比べません。周りに流されません。自分の意思で下した決断は、すべて正解だと考えます。「自分で考えた行動は、絶対に後悔しない」という誓いを立てましょう。

実行する自信がなければ、それを書いた紙を部屋に、はればいいのです。終わったことは、意地でもくよくよしないのです。後悔する癖がついているなら、後悔しない癖もつけられるはずです。

後悔しない覚悟を決めたとき、人生のあらゆる出来事が、前向きに受け止められるようになります。後悔のない人生だから、後悔しないのではありません。後悔しないから、後悔のない人生を歩めるのです。

■ 執着心が強いと後悔を繰り返す!

私たちは自らの可能性を執着によって制限してしまいます。例えば「こうでなければ無理!」とか「絶対こうなってほしい」といった思いから執着が生まれるわけですが、執着によって思い通りにならない人生を自ら生きることになってしまいます。

本来であれば、もっと自分にあったことを選択することができたはずなにの、執着によって視野を狭めてしまった結果、上手くいかなかったことに対して後悔することになります。上述したとおり、執着心が強いと後悔することを繰り返してしまいます。

失うことを恐れれば恐れるほど人は執着してしまうのです。人生を振り返って、過去の自分の愚かさを思い返すと、そこには必ずといっていいほど失うことへの恐れがからんでます。失うことばかり恐れると行動できなくなり、未来が開けません。

■ 執着を手放す方法とは!?

執着心が強いということは、自己肯定感が低いので、自己肯定感を高めることができれば、執着を手放すことができます。そのために一番確かなのは、「自分磨き」です。自分に自信がないから自己肯定感が低いわけですから、自分を磨いて自己肯定感を高めましょう。

執着を手放すうえで絶対にやってはいけないのは、自分の意志だけで執着を手放そうとすることです。執着を手放そうとすればするほど失うことの恐怖心が大きくなるので、余計に手放すのが難しくなります。

自己否定から執着が生まれるわけですから、できるだけ短期間で執着を解放するには「できる自分を信じる」といった強い意思と自分に自信を持つことが何より大切です。そうすることによって次第に執着が小さくなっていきます。

出典:HappylifeStyle

人生に疲れたときの30の言葉

[`evernote` not found]