理解力は傷ついた経験に比例する

【 理解力は傷ついた経験に比例する 】

あなたの理解力は、
あなたの傷ついた経験に比例して大きくなります。

理解力がある人は、
それだけ傷ついた経験が大きくてたくさんあるために、
親身になって話を聞くことができるのです。

相手の話を理解するときに、
一番手っ取り早い方法は自分に置き換えて話を聞くことだと言いました。

しかし、それより深く理解できることは、
聞く本人にその経験があるかないかなのです。

その経験があれば、
自分のことであるかのように話を聞くことができます。

深い理解を伴いながら会話を進めることができるのです。

あなたの人生の傷は、傷ではありません。

本当は他人の心を理解できる「優しい心」です。

傷ついた経験があるほど、
他人のつらさを理解することができ、
優しく接することができるようになります。

人生の山を越え、谷を越え、
つらい経験をしている分、
それだけ理解力が身につきます。

つらい経験を本人がしているため、
より相手の話を真剣に深く聞くことができるのです。

あなたのつらい経験は、
単なるつらい経験なのではなく、
優しい心を持つために必要なとても貴重な経験なのです。

========================================

つらい経験に限らず、経験は必ずその人を成長させてくれます。
そして痛みを知れば他人にやさしくなれるのも事実だと思います。

いろんな経験を重ねて、人の痛みが分かる優しい大人になっていたいですね。

[`evernote` not found]