焦らない。でも、あきらめない

『 焦らない。でも、あきらめない 』

(1)

諦めない奴に

誰も勝てっこない

- ベーブ・ルース -

(2)

踏まれても叩かれても、

努力さえしつづけていれば、

必ずいつかは実を結ぶ

- 升田幸三さん -

(3)

自分に打ち勝つことが、

最も偉大な勝利である

- プラトン -

(4)

焦らない。

でも、あきらめない

- 斎藤茂太さん -

(5)

すべての大偉業は、

最初は不可能といわれた

- トーマス・カーライル -

(6)

「大変」の文字は

「大きく変わるチャンス」

- サニー久永さん -

(7)

99回外しても

平然と100回目をける。

そういう精神構造でないと

やっていけない

- 三浦知良さん -

「もうダメだ」に続く言葉は
「でも諦めない」。

■ 「もうダメだ」と思うのは普通のこと!

人生では「もうダメだ」と思うことがあります。何度やっても成功しない。いくらやっても失敗続き。やることすべてが空回り。いくら頑張ってもうまくいかなければ、だんだん嫌になって諦めたくなるでしょう。

そんなとき、自然とため息が出て「もうダメだ」と嘆いてしまう。もちろん「もうダメだ」と思うことはあっていいのです。「もうダメだ」と思うのは、人間らしい普通の感覚です。

なかなかうまくいかない状況があれば、だんだん気持ちが萎えてくるのは当然です。別に悪いことではなく、人として普通の感覚です。

■ 「もうダメだ」と思ったら「でも諦めない」とつぶやく!

しかし「もうダメだ」と思うのはいいですが、そこで終わりにするのがよくありません。「もうダメだ」と思ったまま終わりにしたら、本当にダメになります。道が途切れ、可能性が閉ざされ、希望の光が消えてしまうのです。

では、どうするか。「もうダメだ」と思ったら、そこで終わらせるのではなく、次の言葉を続けてください。「でも諦めない」と。「でも諦めない」という一言は、諦めない底力を発揮させる言葉です。

シンプルな一言ですが、あなたの底力を引き出す力があります。落ち込んでいた気持ちが元気になり、暗かった心が明るくなります。沈んでいた心から、だんだんやる気が出てきます。

■ 「でも諦めない」を口癖にする!

そして不可能に思えることでも、再挑戦したい気持ちが湧いてくるのです。「もうダメだ。でも諦めない」というフレーズを口癖にするといいでしょう。そうすれば、常に諦めない力を高い状態に維持できます。

99回挑戦してうまくいかなくても、100回目に挑戦する粘り強さを持ちたい。こういうしつこさは大切です。可能性が1パーセントでもあるなら、挑戦する価値があります。99回うまくいかないなら、100回目こそうまくいく可能性が高いと言えます。

「もうダメだ」に続く言葉は「でも諦めない」なのです。

出典:HappylifeStyle

逆境を乗り越える30の方法

[`evernote` not found]