本当のやさしさとは

【 本当のやさしさとは 】

優しさとは、何でしょうか。

優しさといえば、

親切で上品に接する様子を

イメージするでしょう。

思いやりや慈しみの心が

感じられるときも、

優しいと感じる人も多いでしょう。

たとえば、

困っているときに助けられると

「優しい人だ」と思うはずです。

ここが注意です。

困っている人を助ける様子が、

必ずしも優しいとは限りません。

相手は、見返りを求めて、

親切に接しているのかもしれません。

いやらしい考えがあって

近づいているのかもしれません。

騙そうとして、

接しているのかもしれません。

裏がある状態で近づくのは、

本当に優しいとは言えないのです。

本当の優しさとは何か。

本当の優しさとは 損得勘定なく、

相手のために接することです。

見返りがなくてもいい。

お礼を言われなくてもいい。

嫌われてもいい。

相手の幸せを心から願って

接することが、本当の優しさです。

時には、

厳しく接することもあるでしょう。

たとえ表面上は厳しく見えても、

相手の幸せを願う行為なら、

本当の優しさの1つです。

親が子供のために厳しく叱るのも、

優しさの表現です。

先生や友人が、あなたに厳しく叱るのも

実は優しいといえます。

相手の幸せを願って接することが、

本当の優しさです。

損得勘定なく、

誰かのために尽くすことが

できているでしょうか。

損得勘定なく、相手のために優しく接する。

出典:Happy Life Style

「人生の本質に気づく言葉 その25」

[`evernote` not found]