朝と昼と夜

「朝には、希望に起き

  昼には、努力・精進に生き

   夜には、反省と感謝で眠る」

 

京都大学第16代総長を務めた
平澤興先生が
生前よく好んで使っていた言葉です。

脳神経解剖学の大家だった平澤先生は、
人間が体を動かせるのは、
脳から刺激を受けて錐体路が動く時、
無数の錐体外路という神経が
どこからも命令を受けていないのに
自然に協力していくからである
という世界的な発見をしました。

ゆえに、

「宇宙における最高最大の奇跡は
人間であり、人間は自分で
生きているのではない、
生かされている」

と、口癖のように話されていました。

朝起きた時、

「疲れが取れないな」
「もっと寝ていたいな」

と思ってしまうことはないでしょうか。
しかし、目が覚め、耳が聞こえ、
手足が動く。
これは決して当たり前ではなく、
60兆もの細胞が見事に調和して
働いているからに他なりません。

朝は希望と張り合いをもって起き、
日中は脇目も振らず
一所懸命仕事に打ち込む。
夜はその日の言動を振り返って
内省すると共に、
きょうも一日元気で働けてよかったと
感謝し、静かに喜びながら眠る。

私たちもまた、
このような生活を習慣とし、
充実した人生を送りたいものです。

…………………

平澤興
(京都大学元総長)

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)