恩を知り恩に報いる

「特集 恩を知り恩に報いる」
 
 
「人間は一人で大きくなったのではない。
 会社もまた一人で大きくなったのではない
 あわただしい日々の中にも、
 ときに過去を振り返って、
 世と人の多くの恵みに感謝する心を
 お互いに持ちたい。
 その心こそが明日の歩みの
 真の力になるだろう」
 
 松下幸之助氏の一文である。
 10歳で丁稚奉公となり、
 様々な試練を経ながら大を成した人の
 言葉には、胸を打つ響きがある。

 知恩報恩の大事さを改めて
 教えてくれる言葉である。
 
 忘恩の徒となる非を先哲は
 強く戒めている。弘法大師空海もいう。

 恩を忘るれば善根断絶す、

 と。恩を忘れると、
 将来に善きことをもたらす根が
 枯れてしまう、というのである。
 心したいことである。

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)