心学小論

心学小論

理想。

人を自分の理想にはめると、
不都合になった場合、正反対に嫌気が差す。
それはその人を思うのではなく、
自分の都合に合わせたいだけである。
人にはそれぞれ、その人の生き方があり、
自分の都合に合わせてはくれない。
人との衝突はわがままから始まり、憎しみで終わる。

灯火。

自らの蝋を使い、灯火は周りを明るくする。
電気も自然の力を借りて、明るくしている。
太陽でも、小さい蝋燭でも、
すべて身を燃やし、周囲を明るくする。
さて、自分の心はどうだろうか。
普段から周りを明るくしていますか。
もしかして、人に嫌な印象を与え、周りを暗くしていませんか。

******************************

心学者「円 純庵」

[`evernote` not found]