幸運を引き出す人の共通点

幸運を引き出す人は
常に自分の手を傷つけ、
手のひらから赤い血をしたたらし、
耐え難いような痛みを
忍びながらロープをたぐり寄せ、
最後には巨大な体格をした幸運の神様を
招いているわけです。

どんなときでもあらゆることを
自分の責任ととらえ、一切の過失や不足、
拙かったこと、愚かだったこと、
好ましくなかったことの原因を
自分1人に帰し、決して部下を責めず、
友人を責めず、他人のせいにせず、
運を呪ったりせず、
ただただ自分の手のひらの皮が薄く、
腕の力が足りなかったから、
幸運をつかむことができなかったのだ……
と考えます。

◆「いつか読んでみたい、でも難しい!」
そんな日本の名著をとことん読みやすく♪
『努力論』(幸田露伴・著)より

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)