幸せになる為にやるべき8つのこと

『幸せになる為にやるべき8つのこと』

①マイナスのオーラを放つ人に気持ちを削がれないようにしょう

人は周りに影響を受けがちです
そんな中 ネガティブなことばかり
言う人と行動するとどうなるでしょう?

あなたに否定的な態度を
取ってるかもしれません

そんなときには
逆にポジティブな態度を
取るようにしましょう

あなたが肯定的に振舞うと
どんなにネガティブな人でも
あなたには明るく接したり

あなたがそばにいるだけでは
良い雰囲気を保ったりするようになるでしょう

②自分の決断を批判しない

些細なことから
重大事項に至るまで

選択を行う瞬間は
自分の内なる声が聞こえてきます
「この選択は間違っているかも」

こんな悪魔のささやきから
どうすれば逃げられるのでしょう?

これが最後の決断かも知れない
なそと臆するのではなく
全ては人生学習であると考えましょう

うまくいかなかったときは
苦しくなるかもしれませんが
自信がつき経験が増えます

失敗もあるかも知れませんが
すべての決断を
学習の機会とみなすことで

そこから学びを得て
自己成長出来るでしょう
決断した自分を
批判することはありません

③自分にはかちがないなどと
思わない

いいチャンスが
舞い降りても
自分はそれに値しないと
思うことがあるでしょう

ときに自分の人生をとても辛く感じ
「なぜ自分だけがこんな目に・・・・」
と思うこともあるでしょう
そんな時は自分のことであっても
そうではないかのように考えましょう

④起きたことにはとらわれない

あまりにも気持ちが滅入って
客観的に物事を考えられる
心的状態にないときは

自分を嫌な気持ちにさせたり
その人たちを許すことも
忘れることできないでしょう

それゆえに幸せも
感じられないはずです

すぐにその人たちを許せなくても
忘れられなくても構いません
前に進むことだけを考えましょう

いつしか許せるときが来るでしょう
まずは、起きたことにとらわれず
今日を良い日にすること
だけを考えて下さい

⑤起きてもいないことを心配しない

将来に不安を抱いていませんか?

準備や計画をしているとき
起きてもしていないことを心配して
毎日数分
悪いことが起きたときのことを考えて

どう対処するかに考える時間を
取っておけばいいのです
他の時間では心配事は

「あとで解決できること」として
心の脇に置いておきましょう

⑥自分の幸せを後回しにしない

今やらなければばらないことがありすぎて
休む暇もないという状態が
続いたらどうしょう

たくさん
やるべきことがあると
自分の時間や身体を
回復させる時間を
確保できなくなります

スケジュール帳に休みや
リラックスタイムを
書き込んでおきましょう

忙しく働いている人なら
出かける予定を立てましょう

⑦他人を傷つけてしまうことへの
恐怖に対する対処法

「本気で世界を変えたい」
「人と違ったことをしたい」
と考えていて

友人や家族が
どう反応するかわからない時

もしかしたら
批判されるかもしれませんし
誰かのことのように
なるかもしらません
そんなとき
「絶対に傷つけないようにする人」を
1人決めます

ほかの人のことは忘れましょう
親でもいいし
配偶者
自分の子どもやあなたの
価値観に合った想像上の
人物でも構いません

一度にすべての人の
期待に応えることはできません
まずは一人でいいので
大切にしてみましょう

⑧できもしないことを約束しない

責任感を持たずに
「やります」と約束して
それをまもれないこともあるでしょう

勢いだけで返事をすると
うしろめたさや不安を
感じることになります

頼んだ人の気を害せず
かつあなたが時間と労力を
かけすぎないためには
どうすればよいでしょう?

そんなときは
「なるほど、一度考えてみましょう」と
答えてみて下さい
こんな簡単な返答で
相手はあなたの思いやりを
感じるでしょうし

よく考えて後回しでかいとうする
という約束は守れます
回答を考えるとき
あなたが時間をさけるなら
「やります」と答えられます

できないときは
相手を傷つけることなく
「できない」と
伝えるときを模索しましょう

 

[`evernote` not found]