嫌われてもいい!覚悟すれば人生楽しくなる!

嫌われてもいい!
覚悟すれば人生が楽しくなる!

(1)

『 嫌われてもいい 』

嫌われないように頑張っても

嫌われることもある

好かれるように頑張っても

好かれないこともある

相手に自分を

よく見せようとしたり

相手に合わせて

無理に自分を作っても

誰も魅力を感じない

好かれようと思えば思うほど

相手は離れていく

自分を飾らず

ありのままの自分を出すこと

受け入れてくれる人を

大切にすればいい

誰にでも好かれる必要はない

出典:Hisato Taguchiさん

「20代からの自分を強くする
あかさたなはまやらわの法則」

(2)

この世界にいる

たくさんの人全員に

好かれるなんて不可能だ。

だから、気にするな

- 作者不詳 -

(3)

そんなこと気にしないんだよ、

いちいち気にしてたら

人生楽しくなくなっちゃうよ?

一度きりの人生なんだから

精一杯楽しもうよ。

- 作者不詳 -

(4)

陰で悪口を言う人ほど

醜い人は居ない。

君もそう思わないかい?

- 作者不詳 -

(5)

陰口をきくのはたのしいものだ。

人の噂が出ると、

話ははずむものである。

みんな知らず知らずに鬼になる。

よほど、批評はしたいものらしい

- 小林秀雄 -

(6)

人の悪口を言うときは、

それが自分に返ってくることを

予期しておけ

- プラウトゥス -

「嫌われたくない」と
思うから苦しくなる。

「嫌われてもいい」と
思えば、楽になる。

■ 人間関係ではマナーが大切!

「嫌われたくない」。ほとんどの人が持つ気持ちでしょう。できるだけ人に嫌われるのを避けつつ、できるだけ多くの人から好かれたいと思うはずです。相手に嫌われると、自分の存在価値を否定されたように感じます。ストレスを感じ、気持ちが落ち込みます。

誰でも自分の存在価値を否定されるのは嫌です。相手を不快にさせるようなことは避けようとするでしょう。もちろん不快を与えない言動は大切です。人間関係ではマナーが欠かせません。言葉や態度に注意することで、できるだけ余計な摩擦を抑えることができます。

良好な人間関係を実現するにも、できるだけ配慮や気遣いといったマナーを心がけることが大切です。嫌われないようにするために、自分なりにできることはしておいたほうがいいでしょう。

■ いつも相手の顔をうかがう生き方とさよならしよう!

しかし、嫌われたくない気持ちにも限度があります。「嫌われたくない」と思うと、いつも相手の顔色をうかがわなければいけません。これは大きなストレスが伴います。

「不快を与えていないだろうか」

「相手に嫌われていないだろうか」

「自分はどう思われているだろうか」

常に不安や恐怖を感じることになるため、なかなか落ち着けず、そわそわします。配慮が大切とはいえ、嫌われたくない気持ちがエスカレートすると、過剰なストレスが発生します。ましてや、すべての人の価値観に合わせるのは困難です。

■ 嫌われたくないと思うと生きるのが苦しくなる!

世の中には多種多様な人が存在します。特定の人の価値観に合わせることはできても、すべての人の価値観に合わせるのは難しい。いろいろな人の都合に合わせると、身も心も振り回され、八方美人になってしまいます。

度が過ぎると、自分らしさが出せなくなり、つらくなります。誰にも嫌われたくないという気持ちは素晴らしいですが、現実として不可能です。「嫌われたくない」と思うから、苦しくなるのです。「嫌われたくない」という気持ちから解放されましょう。

むしろ逆を考えるのです。それが「嫌われてもいい」という考え方です。自分と合う人もいれば、合わない人もいます。中にはあなたに反抗心や嫌悪感を持つ人がいるでしょう。それは、珍しいことではなく、よくあることです。

■ 嫌われてもいいと思えば生きるのが楽になる!

「嫌われてもいい」と思えば、あなたを嫌う人がいても「仕方ない」と割り切れるようになります。前向きに開き直ってしまいましょう。「私を嫌いになりたいなら、どうぞ嫌いになってください」と思えばいい。

どうしても価値観の合わない人とは、最低限の接触で済ませればいいこと。仕事の都合で接しないといけないなら、最低限のやりとりで済ませばいいこと。挨拶・笑顔・マナーさえ心がけていれば、大きなトラブルに発展することはありません。

■ 自分と合う人とだけ仲良くなればいい!

「自分を嫌っている人もいる」という現実を肯定したほうが、かえって気持ちが楽になります。ストレスが増えそうに思えますが、開き直ると、相手の顔色をうかがわずに済むので楽になります。自分のやりたいようにやれるので、自分らしく生きることができるようになります。

わざわざ嫌われている人に迎合する必要もありません。自分と合う人とだけ、仲良くなればOKです。「嫌われてもいい」と思えば、楽になるのです。

出典:HappylifeStyle

強く生きる30の言葉

 

[`evernote` not found]