回天特攻隊員(18歳)の遺書

【回天 特攻隊員(18歳)の遺書 】

お母さん、

私は後3時間で祖国のために散っていきます。

胸は日本晴れ。

本当ですよお母さん。少しも怖くない。

しかしね、

時間があったので考えてみましたら、

少し寂しくなってきました。

それは、今日私が戦死した通知が届く。

お父さんは男だから

わかっていただけると思います。

が、お母さん。お母さんは女だから、

優しいから、涙が出るのでありませんか。

弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって

寂しく思うでしょうね。

お母さん。

こんなことを考えてみましたら、

私も人の子。やはり寂しい。

しかしお母さん。

考えて見てください。

今日私が特攻隊で行かなければ

どうなると思いますか。

戦争はこの日本本土まで迫って、

この世の中で一番好だった母さんが

死なれるから私が行くのですよ。

母さん。

今日私が特攻隊で行かなければ

、年をとられたお父さんまで、

銃をとるようになりますよ。

だからね。お母さん。

今日私が戦死したからといって

どうか涙だけは耐えてくださいね。

でもやっぱりだめだろうな。

お母さんは優しい人だったから。

お母さん、

私はどんな敵だって怖くはありません。

私が一番怖いのは、母さんの涙です。

==========================
回天とは太平洋戦争末期、
人間魚雷として開発した
日本初の特攻兵器で、
終戦までに420機が生産された。

出撃による戦死者は87名。
———————————————–

神様が人を作ったとき、
神様はこんな死に方を望んだでしょうか?

幸せに生きて欲しいと
望んでいるのではないでしょうか?

如何なる理由があっても命を落とすことに
正論などあるのでしょうか?

何をもって正当化するのですか?

世界では今だ戦争が絶えることなく
多くの命が失われ、
多くの人の悲しみで溢れています。

奪い合い、憎しみ合い・・

1秒でも早く世の中からなくなって欲しいと
思いませんか?

一人でも多くの人にお伝え下さい。

[`evernote` not found]