器の大きい人になる30の方法

【器の大きい人になる30の方法】
1.「遅刻するな」を「早く会いたい」で言い換える。

2.いらいら、どぎつい言葉で言い返すのはやめる。

3.焦ったとき、目をつぶって3秒息を吸った後10秒
かけて吐く深呼吸を、3回繰り返す。

4.一度決断し、発言した内容は貫く。

5.優しさと怒りの両方を使い分ける。

6.時間の余裕を作る。

7.遅刻より、遅刻で交通事故に
遭わないかを気にする。

8.器の大きい理想の人物を思い浮かべ、
手本にする。

9.いらいらしそうになったら、笑顔に
なって不安をかき消す。

10.状況に応じて、臨機応変な対応ができる
ようになる。

11.「でも」の前に「そうだね」と言って、
一度受け入れてから答える。

12.つまらない冗談だからこそ、笑ってしまう。

13.会話にユーモアを含めて、温かくする。

14.あらゆる発言に対して「なるほど」「いいね」
を前向きに発言する。

15.理解できないことでも「いい・悪い」と
判断せず、ありのまま受け入れる。

16.短所は、長所として生かす。

17.痛みを受け入れ、解決策を見いだす。

18.ちょっとだけ無理を繰り返して、成長をする。

19.経験量を増やし、涙もろくなる。

20.厳しいコメントから逃げるのではなく、求める。

21.理解できない考え方を、歓迎する。

22.限られた人生で豊かになるために、
範囲を絞って、精通する。

23.感謝の言葉がなくても、むっとしないようにする。

24.謝るとき、言い訳を含めるのは、やめる。

25.許せないことは時効にして、忘れる。

26.うまくいくかどうか分からないけれど、
とにかく行動して結果を出す。

27.人の失敗は、反省の材料にする。

28.必要とされる器の大きさに応じて、
貯金の量を見直す。

29.回り道のコースで意外なことに出会い、
人間性を豊かにする。

30.いらいらしたときこそ、作法を大切にする。

 

[`evernote` not found]