偉大な人格者!桑田真澄の名言

 

(1)

人生にマイナスはないですね。

マイナスはプラスにするための
準備期間だと思います

(2)

格好悪くていい。

“格好悪い” とは
人の評価だからである。

僕は自分が充実した
人生を送るために
生きているわけで、

周囲の人から見て
格好いいことをするために
生きているわけではない

(3)

言うこととやることが
一致しているから、
言葉に説得力がある

(4)

イチローも4割・5割の
打率は記録できず、
6割以上失敗する。

人生も同じだ。
失敗しても構わない。

大事なのは、失敗しても
そこから起き上がることだ

(5)

ようやく子どものような
絵が描けるようになった。

ここまで来るのにずいぶん
時間がかかったものだ

(6)

あなたの家庭は
あなたの避難所だ。

ただ、そこに
閉じこもってはいけない

(7)

いい事はもちろん、
悪い事も視点を
変えて良い試練だと
ポジティブにとらえる
ことにより、

怒ったり
落ち込んだり
することなく、

何事も自分の成長の糧に
することができる

(8)

やるか、
やらないかですよ、
人生は。

やればそれだけのものが
返ってくるし、

やらなければ
そのままですよ

(9)

試練が人を磨く

(10)

世の中には、
永遠なものはない。

家族、友達、命、財産、
何ひとつ変わらない
ものはない。

ゆえに、一瞬一瞬を
精一杯生きたい

~ 桑田真澄 ~

【参照】

心の野球 超効率的努力のススメ

今回は、元読売ジャイアンツのエース投手、桑田真澄さんの名言を集めさせていただきました。桑田さんは現役を退いてからは東京大学の硬式野球部で特別コーチを務める傍ら同大学院総合文化研究科の大学院研究生として勉学に励まれています。

桑田投手は身長174cmと、プロの投手としては決して恵まれた体型ではないにもかかわらず、理想的なピッチングで相手バッターを翻弄しながら勝利を収め、過去に何度も賞を受賞しています。

特に凄いのはプロ2年目にのシーズンに15勝し、沢村賞やゴールデングラブ賞など4つのタイトルを獲得しています。またバッティングのセンスも素晴らしく、PL学園時代には先日逮捕されてしまった清原さんよりも打率で上回ったときもあったそうです。

その栄光の影には今回ご紹介させていただいた名言が普通に口から出てくるくらい数々の試練を乗り越えてきた証拠ですね。今のところプロのチームで指揮を執る予定はないようなんですが、いずれは巨人の監督になってもらいたいと個人的に思っています。

http://beautyhealthdiet.sblo.jp/article/175423257.html

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)