仕事に疲れた時の30の言葉

≪仕事に疲れたときの30の言葉≫

1.仕事は、するのではなく、極める。

2.困難をチャンスと言い換えて、前向きに立ち向かう。

3.脇役を徹底的に極めて、事実上の主役になる。

4.「もう無理」を「まだできる」と言い換えて、
眠っている底力を発揮する。

5.すごいという言葉を必要としないくらい、自分の道に集中する。

6.小さな仕事でも、手抜きをせず、しっかり仕上げる。

7.苦しくてつらいときは「試されている」と考え、最善を尽くす。

8.厳しい言葉を喜べるようになる。

9.日中に全力を出しておく。

10.いい仕事をするために、一部の人から嫌われる覚悟を持つ。

11.レベルの高いお客様に負けないように、
自分もサービスレベルを上げる。

12.「ミスをして悔しい」と思うのではなく
「小さなミスでよかった」と考える。

13.仕事は、会社や上司のためではなく、自分と社会のためにする。

14.目線を上げる。

15.足元も見える程度に目線を上げる。

16.平凡なことだと感じても、途中で投げ出さず、長く続ける。

17.上司に退職を切り出す瞬間を楽しみにしながら、仕事をする。

18.壊れにくい状態を作りたければ、早く結果を求めないようにする。

19.難しい仕事の中にある、本当の楽しみを見つける。

20.逃げても逃げても追いかけてくる困難は、いっそのこと立ち向かう。

21.仕事の怒りは、人にぶつけるのではなく、仕事にぶつける。

22.夢や理想を語るより、行動を優先させる。

23.褒められなくても、地味な作業を積み重ねる。

24.誰かと協力して仕事をするのは、
人間関係を深める意味もあることに気づく。

25.叱られるのを喜べるようになる。

26.仕事が残ってしまったときは「後の楽しみができた」と考える。

27.自分にとって適した目標の立て方を見つける。

28.全力を尽くした仕事は、すべていい結果と考える。

29.運のいい人がいれば、ねたむより、積極的に近づいて付き合う。

30.周りが理解してくれなくても
「好きな仕事ができるだけでありがたい」と考える。

[`evernote` not found]