仁義

【仁義】

たった一度の人生を

世間の顔色うかがって

やりたいこと やらないで

死んでいく身の 口惜しさ

どうせもらった命なら

ひと花咲かせて散っていく

桜の花のいさぎよさ

一度散っても翌年に

みごとに咲いて満開の

花の命の素晴らしさ

ひと花どころか百花も

咲いて咲いて咲きまくる

上で見ている神様よ

私のみごとな生きざまを

すみからすみまでご覧あれ
斎藤一人
ーーーーーーーーーーーーーーー

人は永遠に生きることができません。
せいぜい生きても100年
どうせ、短い人生を生きるなら、
周りにどう思われようと
自分の道を歩みつづけて
自分色の花を咲かせてみたい。

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)