人付き合いが上手くいく30の言葉

【 人付き合いが上手くいく30の言葉 】

(1)

マナーを学ぶためには、
手本を見つけることが大切。

(2)

身の回りの人から、
マナーのいい面だけを
取捨選択すればいい。

(3)

いつでも笑顔が基本

(4)

友人を無理やり誘わない。

友人がやりたくないときは、
そっとしてあげよう。

(5)

話しかけるタイミングに、
センスが表れる。

ずうずうしく会話に
割り込まない。

(6)

「アケオメ、コトヨロ」
で友人はがっかりする。

言葉を省略すると、
気持ちまで省略される。

(7)

メールは、長く打ちすぎると、
かえって長続きしなくなる。

(8)

名刺を渡すときにフルネームを
声に出すと、名前を覚えてもらえる。

(9)

「本物の敬語」は難しい。

「丁寧語」を話せるだけでいい。

(10)

キャッチが入り、
途中で電話を切ったら、
面倒でも折り返し電話する。

(11)

プレゼントのヒントは、
雑談にある。

(12)

言葉より、態度のほうが、
気持ちが伝わる。

(13)

目、顔、体を向ける人は、
好印象を持たれる。

(14)

舌打ちが、他人の気分を
悪くさせてしまう。

(15)

お金を貸すときは、
あげてしまうと楽になる。

できなければ貸さないこと。

(16)

メモを取りながら話を聞くと、
相手の姿勢が変わる。

(17)

約束を破る人は、信用できない人。

お酒の場では、約束しない。

(18)

予定変更のマナーは、
前倒しにすること。

(19)

「~なんだけど」で終わる会話より
「~です」で終わる会話が気持ちいい。

(20)

運転手の暴言が、乗っている人
まで気分を悪くさせてしまう。

(21)

コミュニケーションの基本は、
キャッチボール。

一方的な会話はやめよう。

(22)

ねぎらいの言葉は「ご苦労様」ではなく
「お疲れ様」のほうがいい。

(23)

知らない人がいるときは、
雰囲気が固くなる。

紹介すると、
雰囲気が柔らかくなる。

(24)

香水は、強すぎないことが大切。

(25)

夜中に電話をするときは
「夜分に恐れ入ります」
から始める。

(26)

「ごめんなさい」が言えることは
人付き合いの基本マナー。

(27)

言い訳をして、いいわけがない。

(28)

返事ができる人はモテる。

返事上手は、付き合い上手。

(29)

報告・連絡・相談を
まめにする人が、信用される。

(30)

信用は、人付き合いの大切なマナー。

出典:人付き合いがうまくなる30のマナー

「HappyLifeStyle」
https://happylifestyle.com/3423

今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる素晴しいサイトです。

社会に出て一番戸惑うのは、やはり人間関係というか仕事上での人付き合いですよね。学生時代とは違い、好きな人とだけ付き合っていればいいというわけにはいきません。

本を読み終えたころには、全て忘れてしまうような格式張ったものばかりで、実際の場面で使えないものが少なくありませんが、このまとめはシンプルなので理解しやすいです。
あまりにも形式ばっていると逆に上手くいきませんので、基本だけおさえておいて、あとは実践しながら自分にあった方法をみにつけていくのがいいと思います。

http://beautyhealthdiet.sblo.jp/article/174909466.html

[`evernote` not found]