人の心に灯をともす

どんなひどい困難に出会おうと、
病気や事故になろうと、
死ぬことと比べたら
すべては「カスリ傷」のようなもの。

もし明日死ぬとわかったら、多くの人が、
今ある何げない当たり前のような幸せに
感謝することだろう。

歩けること、
空気が吸えること、
友や家族と語らえること、
大喧嘩(おおげんか)したことでさえ、
愛(いとお)しくなる。

金も、家も、名誉も、宝石も、
いかに大切なものであろうと、
死んだらこの世に置いていかなければならない。

それなのに、悲しいかな人間は、
目の前のモノや金や名誉を
もっともっと、と欲しがってしまう。

もっとも肝心な、「生かされている」
ということに比べたら、
すべてはちっぽけなこと。

すべてのことに感謝して、
ありがたさをかみしめ生きていきたい。

引用元:人の心に灯をともす

※『 思わず涙する感動秘話』

[`evernote` not found]