フナスキンの男前すぎる名言集

【 スナフキンの男前すぎる名言集 】

「 その1 」

大切なのは

自分のしたいことを

自分で知ってるってことだよ

「 その2 」

そのうちなんて

当てにならないな

いまがそのときさ

「 その3 」

いつもやさしく

愛想よくなんて

やってられないよ

理由はかんたん

時間がないんだ

「 その4 」

人の目なんか気にしないで

思うとおりに暮らして

いればいいのさ

「 その5 」

この世にはいくら

考えてもわからない

でも長く生きることで

解かってくることが

たくさんあると思う

君たちも

大人になればわかるさ

ある意味で

大人は子どもよりも

もっと子どもみたいに

なることがあるんだよ

「 その6 」

その奥さん 親戚は多いし

知り合いも沢山いたんだ

でもね 言うまでもなく

知り合いが沢山居たって

友達が一人も居ないって

事は有り得るんだよ

「 その7 」

ムーミン

「 義務って何のこと? 」

スナフキン

「したくないことを することさ」

「 その8 」

ぼくたちは

本能にしたがって

歩くのがいいんだ

ぼくは磁石なんか

信用したことがないね

磁石は方角にたいする

人間の自然な感覚を

くるわせるだけさ

「 その9 」

人と違った考えを持つことは

一向にかまわないさ

でも その考えを無理やり

他の人に押し付けては

いけないなあ

その人にはその人なりの

考えがあるからね

「 その10 」

それはいいテントだが

人間は ものに執着せぬ

ようにしなきゃな

すててしまえよ

小さなパンケーキ焼きの道具も

ぼくたちには用のなくなった

道具だもの

「 その11 」

何でも自分のものにして

持って帰ろうとすると

難しいものなんだよ

ぼくは見るだけにしてるんだ

そして立ち去るときには

それを頭の中へしまっておくのさ

そのほうがかばんを

うんうんいいながら運ぶより

ずっと快適だからね

「 その12 」

自由が幸せだとは限らない

「 その13 」

僕は自分の目で

見たものしか信じないけど

この目で見たものは

どんなに馬鹿げたもの

でも信じるよ

「 その14 」

なぜみんなはぼくをひとりで

ぶらつかせといてくれないんだ

もしぼくがそんな旅のことを

人に話したら…

ぼくはきれぎれにそれを

はきだしてしまって

みんなどこかへいってしまう

そしていよいよ旅がほんとうに

どうだったかを思い出そう

とするときには…

ただ自分のした話のことを

思いだすだけじゃないか

そういうことをどうして

みんなはわかってくれないんだ

「 その15 」

生き物にとって自然に振る舞う

というのは とっても

大事なことなんだ

「 その16 」

人間もみんなに

こわがられるようになると

あんなにひとりぼっちに

なってしまうのさ

有名になるなんてつまらないことさ

はじめはきっとおもしろいだろう

でもだんだんなれっこになって

しまいにはいやになるだけだろうね

メリーゴーランドに

のるようなものじゃないか

「 その17 」

いずれどっかへいくだろうさ…

それともどこへもいかない

のかもしれないぜ…

どっちでもいいさ

このままで..

とてもたのしいじゃないか

- スナフキン -

http://www.xn--hoq928acpilvnv8ky6pbuf.jpn.com/article/413647590.html

[`evernote` not found]