ひすいこたろうの言葉

①「大丈夫」という字をよくみてください。

「大」「丈」「夫」それぞれ
「人」という字が入っています。

あなたに何かあったとき、
周りの人は必ずあなたを支えてくれます。

どんなときも、
あなたの味方は三人いるんです。

②「始まる」って文字を見て下さい。

「女」が「土台」って書くんです。

女性が笑顔でいることから始まります。

だから「嬉しい」って
「女」が「喜」って書くんです。

女性が笑顔でいるところに、
嬉しいことはやってきます。

③「決断」とは、「決めて」「断つこと」。

何かを決めるときには、
ひとつ何かを断ち切る。

すると新しいものが手に入ります。

「大切」って
「切る」って字が入っています。

執着を「切ったとき」に、
「大きなもの」が手に入るんです。

④「癌」とうい字は
「三つの口の山の病」と書きます。

それは、
「食べすぎ、飲みすぎ、吸いすぎ」です。

⑤「光る言葉」と書いて、「誉める」。

誉めてあげると、
相手は最高の笑顔で輝きます。

⑥「吐く」という字は 「口」に
「±(プラスマイナス)」って書きます。

もしもマイナスの言葉を控えたら…?

…「叶い」ます。

⑦「命」=「人」+「一」+「叩」、
「人は一度叩かれる」と書いて「命」。

誰だって、
一度は人生で本当に辛いことがある。

そこを乗り越えるために生まれてきた。

そして心臓は「ドックン、ドックン」と
「人」を「一生」「叩いて」くれています。

ひすいこたろう

[`evernote` not found]