くまのプーさん 幸せの名言

【 くまのプーさん 幸せの名言 】

(1)人にしてあげたことは、
忘れたほうがいい。

人にかけた迷惑は、
忘れちゃいけない。

人にしてもらったことは、
忘れちゃいけない。

人にされたいやなことは、

忘れたほうがいい。
(2)人になにかしてあげるときは、
感謝されると思わないように。

そうすれば、
ちょっとしたことでも
とてもすばらしい行動になる。
(3)派手にかざり立てられたものは、
とりつくろった、
にせものかもしれない。
ほんとうにすごい人は、とてもふつうに見えるもの。
(4)すこしのもので満足できる人は
きれいなこころを持っている。
「もっと、もっと」と願う気持ちが
自分自身を見えなくさせる。
(5)人をしかるとき、
きびしすぎてはだめ。
人に教えるとき、
むずかしすぎてはだめ。
相手が受け入れられるように、考えて、伝えてあげよう。
(6)過ぎさった
むかしのことは気にしない。
遠い未来のことを思い悩まない。
いま、ここにあることを
ひとつひとつ やっていけば、
迷いはなくなるんだ。

[`evernote` not found]