あきらめない力❗️アーノルド・シュワルツェネッガーの名言

【あきらめない力!
アーノルド・シュワルツェネッガーの名言】
 
 
(1)
 
成功への
第1ステップは
まず信じること。
 
 
 
(2)
 
すべてが前よりも
うまくいっていると
信じてやれば、
その通りになるんだ。
 
 
 
(3)
 
初心者の進歩は
小さな成功の
積み重ねであるべきで、
大きな期待と共に
一歩一歩の前進を
楽しみにするべきだ。
 
 
 
(4)
 
強さは、
勝つことから
生まれるのではない。
 
強さを鍛えてくれるのは、
「苦労」なんだ。
 
困難にめげず、
あきらめないと決心する、
それが強さなんだ。
 
 
 
(5)
 
無知から生まれた
自信は決して勝利を
もたらしてはくれない。
 
 
 
(6)
 
自分をごまかしてはいけない。
 
同時に、
欠点を見つけても、
自信を喪失させたり、
自尊心を傷つけるまで
自分を責めてはいけない。
 
 
 
(7)
 
何はともあれ、
情熱こそが原動力である。
 
これを失ってはいけない。
 
 
 
(8)
 
限界を決めるのは心だ。
 
心が何かをやれると思い描き、
自分がそれを100%
信じることができれば、
それは必ず実現する。
 
 
 
(9)
 
なりたい自分についての
ビジョンを創造するのさ。
 
そして、それがまるで
すでに現実であるかのように
振る舞うんだ。
 
 
 
(10)
 
ベッドに横になったら、
翌日のことなど
考えてはいけない。
 
…ベッドに入ったら眠るんだ。
 
絶対に何も考えない。
 
頭の中を空っぽにする。
 
そうすればいい眠りに入れ、
翌朝完全にリフレッシュされた
状態で目覚める。
 
 
 
~ アーノルド・シュワルツェネッガー ~
 
 
 
  
今回は、アメリカの俳優アーノルド・シュワルツェネッガーさんの名言をまとめさせていただきました。アーノルド・シュワルツェネッガーは、「ターミネーター」で主演し、一躍世界的な成功を収めたわけですが、その道程は決して平坦ではありませんでした。
 
 
若かりしころのアーノルド・シュワルツェネッガーさんは、母国オーストリアでボディビルダーとして世界的に成功することを夢見るも、ヨーロッパの小国オーストリアでは難しいことから、アメリカに渡ります。しかし、このとき英語はまったく喋れません。
 
 
しかも21歳を過ぎていたので、ネイティブのアクセントを身につけるのが非常に難しく、英語をマスターするのに相当苦労したそうです。その後米国内のボディビルコンテストで何度も優勝し、その実績をハリウッドのプロデューサーに買われて俳優に転身します。
 
 
しかし、ハリウッド映画に出始めたころでさえ、オーストリア訛りの英語のアクセントが酷く、批評家から酷評されましたが、アーノルド・シュワルツェネッガーさんは成功することを決してあきらめませんでした。
 
 
その後は持ち前の筋肉美を最大限に活かして、アクション映画を中心に出演を重ねながら俳優としての評価を徐々にあげていきます。1983年に公開された「コナン・ザ・グレート」でようやく俳優として最初の成功をおさめます。
 
 
世界的な俳優として成功を収めてからも、チャレンジは続きます。2003年から2011年にかけて8年間カリフォルニア州知事を務め、政治家としても成功をおさめてます。アーノルド・シュワルツェネッガーさんは、名言通りに生きていますね。
 
  
 
http://beautyhealthdiet.sblo.jp/article/176173626.html

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)