『謙虚とは、控えめのことではない…』

謙虚とは、控えめのことではない。
おかげさまと「感謝」できること!
笑顔で生きる小林正観の名言

(1)

誰もが怒るようなとき、
イライラするようなときに、

ニコニコして穏やかでいられるか、
それがその人の本当の価値を決める。

(2)

死ぬまでのあいだに、
どれほどの人に喜んでもらえるかを、
ひたすら考えるだけなのです。

(3)

「人に迷惑をかけたくない」
と意気込むより、

「迷惑をかけながら
でしか生きられない」

と思い、まわりのすべてに感謝する。

(4)

今、目の前にいる人、
目の前にあることが重要。

(5)

人間の生きる目的とは、
「頼まれごと」の人生を送ること。

すなわち「人に喜ばれる存在」
になること。

(6)

病気をしない、
事故にも遭わない、
何も起きないで過ごせることは、
実は奇跡の連続と言える。

(7)

幸せの本質とは、
『足る』を『知る』ことにある。

(8)

自分で自分が
わからなくなってしまうのは、
自分のあら探しをするからです。

(9)

自分以外の人を、
自分の思い通りにするより、
まるごと受け入れてしまう方が、
人生はラクになる。

(10)

「嬉しい、楽しい、幸せ」と
言い続けている人には、
「嬉しい、楽しい、幸せ」と
いい続けている人が集まってくる。

喜ばれるように生きていくと、
喜びに囲まれることになる。

(11)

年をとらない方法は、額の
中央に皺をよせないことです。

いつも笑顔をたたえていることです。

(12)

「為しあわせ」という言葉が
「幸せ」という言葉の語源
になりました。

つまり、幸せとは、
お互いに「してあげあう」
ことを言うのです。

(13)

「優しさ」

「厳しさ」

「明るさ」が、

人格の三要素。

「人に優しく」

「自分に厳しく」

「希望や展望を失わず」。

「寛容」に

「謙虚」に

「前向き」に。

(14)

戦わないで、
争わないでいると、
敵がいなくなって
「無敵」になる。

(15)

淡々と過ぎていく、
普通の毎日が、
幸せの本質です。

(16)

人生を真剣に生きるのはいいが、
深刻に生きるのはやめましょう。

人生は、笑い飛ばして
生きるといい。

(17)

謙虚とは、
控えめのことではない。

おかげさまと「感謝」できること!
笑顔で生きる小林正観の名言

(18)

人間は大したものではない、
と思い切ることができると、
ものすごく楽になるでしょう。

(19)

毎日、遊びだと思って
楽しいことをやっていればいい。

何事でも自分が楽しいと思ったら
楽しいことになり、
自分がつまらないと思えば
つまらないことになります。

(20)

「私の人生は、
ついてなかった」と言うことは、
驕り、高ぶり以外の
なにものでもありません。

生きていること自体が
奇跡の連続なのですから。

(21)

人生全てを、
『しあわせだった』
と思えるかどうかは、
『今日』が決める。

■ とにかく猛烈に働いていた!?

今回は、小林正観さんの名言を集めさせていただきました。小林正観さんは2011年10月12日に腎不全でお亡くなりになられました。享年62歳でした。実年齢よりも若く見えましたが、あれだけ健康に気を配っていただけに訃報を耳にしたときは本当に驚きました。

楽しみしていた講演会には行くことが出来ませんでした。考えてみれば年間300回以上も日本全国を駆け巡って、色々な人たちを励ましながら講演活動を行えば、病気にもなりますよね。もう少し仕事をセーブしていればと、たられば的なことを今も考えていしまいます。

しかし、幸いにも小林正観さんは生前沢山のご著書を献上しています。どれも素晴らしい言葉でうめつくされた名著ばかりです。これからもこの言葉とともに前向きに生きていきたいと思います。

[`evernote` not found]