『怒らない』

「怒らない」
なぜ、そんなに怒るのか。

義憤や公憤など、正義感からくる憤りも

確かにあるでしょう。

ちょっとした理不尽なことでイライラしてしまうことも

あるでしょう。
しかし、社会的なこと、仕事のこと、家族のことなど、

すべての「怒り」を作り出すのは、

まぎれもなく自分自身であることは

知っておかねばなりません。

人生の学びのひとつとして

「怒り」は「怒り」で返ってくることの方が多いと

心得ておきましょう。

そして、怒りは自分への攻撃であることも事実です。

周りの人も迷惑します。
確かに、「怒る」ことを完全にやめることはできません。
「怒る」原因となる「判断」や「執着」に向き合って、

できるだけ穏やかに過ごすことを心がける。

そうすることによって、人を思いやる心が芽生えてくるのです。

心学者:田川 之彦

[`evernote` not found]