「命の炎を燃やす」

一人の人間が生まれるためには2人の両親がいる。

その両親は生まれるためには、
それぞれ両親がいる。

二代で4人、三代で8人、四代で16人である。

このように命の起源をさかのぼっていくと、

二十代で104万8,576人、

二十五代で3,355万4,432人、

三十代で10億7,374万1,824人

という人数になる。

五十代、六十代とさかのぼれば、
天文学的数字となる。

その祖先のうち、
もし一人でも欠けていたら、
私たちの命はない。

命の炎が一回も途切れることなく
連綿と続いてきたからこそ、
私たちはいま、この世に生きている。

先祖からの命の炎を託(たく)されて、
私たちはこの世を生きている。

この事実を受け止める時、
粛然とした気持ちにならざるを得ない。

生きるとは単に生き永(なが)らえることではない。
先祖から預かった命の炎を精一杯燃やしていくことである。

 

※『致知』1997年6月号
特集「生きる」/総リードより

[`evernote` not found]

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)