「ものごとに動じないために」

【ものごとに動じないために】

1.苦手な人と向き合うときは、最初から、あまり期待しない。全員とうまくやっていける人なんか、いるわけがない。

2.そこまで他人の目を気にする必要はない。人はあなたが思うほど、他人のことなど気にしていない。

3.友達はたくさんいるほうがよい、という幻想から卒業する。知り合いの数が人間関係のスキルを物語るわけではない。

4.みんなと同じように振る舞うことに、とらわれすぎていないか。だからといって、奇をてらうのではなく、信念を持つことが大事。

5.逃げのウソをつくと、疲れるだけ。ありのままの自分でいるほうが、ゆとりある対応ができる。

6.ひとりで過ごす贅沢な時間を味わう。大切な答えは、ひとりの時間に見つかることが多い。

7.ひとりでいられないのは、心のどこかに不安があるから。ひとりでは心細い、と思うから心細くなる。

8.重い、面倒な人間関係を、避けすぎていないか。軽さ、楽しさだけを求めていては、いい人間関係はつくれない。

9.つねにポジティブ、ポジティブと自分にプレッシャーをかけていないか。がんばれ、より、ドンマイのほうが心に染みるときがある。

10.自分のいいところだけ数えあげ、思い切り甘い点をつけてあげよう。世の中は十分厳しい。そのうえ、自分には、厳しくではつらすぎる。

[`evernote` not found]